お問い合わせ tel.025-381-1606 | info@alpha-kikaku.jp | 営業時間 9:00-17:00

alpha
 家族の笑顔と健康を守る住まい 新潟市の工務店【アルファ企画】


HOME | 住宅と健康 | 安心素材を使う | 無垢材


安心素材を使う

無垢材
足が疲れにくい秘密は、床の硬さの違いにあり



家の床材を選ぶときに、あなたは何を重視しますか?
デザイン? 肌ざわり? 価格? 色合い?
それぞれの好みがあるので、回答は千差万別でしょう。
 
どうしても見た目や色合いに目が向きがちですが、ここでは人のカラダにとって良いものという視点から考えてみます。
 
一般的に多く使われているのが合板フローリング。求めやすい価格であることや、色や柄のバリエーションが豊富なこと、丈夫なことなど、良いところがたくさんあります。
 
加えて人気なのが無垢材。木のいい香りや、天然の素材ならではの、使い込まれることによって何とも言えない魅力的な色に変化していくのも、良いポイントです。
 
どちらにもそれぞれ良いところがあるので絶対にこちらが良いということはありませんが、カラダという観点から見てみるとお勧めしたいのは無垢材のほうです。
 
理由その1。家に用いる建材でなるべく減らしたいのが化学物質。接着剤を使用し、貼り付けることによって作られる合板フローリングに対して、無垢材には接着剤が使用されていないため、化学物質が少ないという点で軍配が上がるのが無垢材です。
 
理由その2。柔らかい無垢材はカラダにやさしい。硬いところに長時間立っていると、足が痛くなったりむくんだりします。つまり、床が硬いとカラダへの負担が大きいのです。そこで無垢材の出番です。木材の硬さは樹種によって異なるので、カラダへの負担が少ない、柔らかい無垢材を選ぶことができます。
 
柔らかい無垢材はキズがつきやすいというのも事実ですが、実はちょっとしたヘコミであれば、水を含ませると木が膨らんで修復されます。
 
どうしても床にキズが付くのはイヤ!という方はともかく、カラダへの負担を重視する方は柔らかな無垢材を検討してみてはいかがでしょうか。

他の安心素材